つながる地域の人と専門職、そして…。

3月12日(土)私たち相談室が事務局を務める「地域見守りネットワーク・ぐんま(みま~も・ぐんま)」が発足1年を迎え、記念イベントセミナーを開催。東京都大田区大森で約8年ほど前に始まった「みま~も」。その生みの親でもある澤登さんをお招きするとともに、当相談室の生みの親である認知症サポート医の頴原先生に認知症サポーター養成講座にて講演をしていただきました。

認知症サポーター養成講座では、会場内からドッと笑いもあり、病気の理解から予防、そして運動や社会参加の大切ななどに触れ、認知症の理解をたくさんの方に広めていただきました。

認知症という言葉こそ、耳にする機会は増えましたが、その理解が正しくされているかは未だ不透明です。1人でも多くの方が、認知症への理解を深めていただける機会を創っていきたいと思います。

第2部の講演では、互いに支え合い、見守ることの具体的な実践事例(みま~ものキセキ)をお話しいただき、見守りキーホルダーがつなぐ人と人との出会いについて丁寧にお伝えいただきました。

みま~もくんも勢ぞろいで、参加者の皆さんを照らしてくれていました。

これまで、支援の必要な人にその手が届いていないことへの疑問をもつ声をたくさん聞いてきました。しかしながら、もっとそれ以前から「人とつながる」ことで、変われることがあると気づくことができました。

今回、セミナー参加者の多くは、この街の暮らす人たち。

住民の皆さん同士が出会い、支え合う。

住み慣れた街で、安心して暮らせる街を人のつながりで創る。

必要なときに必要な支援に出会い、支えられる。

そんなこと