みま~もセミナー(5月)

今回のセミナーより、以前からアドバイスを受けていたご案内方法などのもとに、3月の1周年記念セミナー終了後より活動の案内を進めてきました。

これまでの火曜日開催から、土曜日開催に変更しより多くの皆さんに参加していただきたいと願っていたところ、予想を超えてたくさんの方々に足を運んでいただくことができました。

第1部「中国4千年の歴史に学ぶ 薬膳と健康の話」

講師としてお招きした加藤先生は埼玉県児玉郡に拠点をおき、国内だけではなく、海外でも活躍をされている薬膳の魅力を知り尽くした先生です。限られた時間の中で、薬膳の魅力と健康を意識した薬膳の効果等についてお話しをいただきました。

会場では、日常生活で手軽にできる薬膳の情報や健康チェックなどの話題では、参加された方々は熱心にメモなど取られておりました。

健康を意識する上で、欠かすことができない「食」について、参加した皆さんは自分の食生活を振り返る良い機会になったと思います。

飽食の時代などと日本の食事情について言われることも多いようですが、毎日口にするものの「本来の質」について、本当に気遣いすることができているのか。という問いをぶつけられたようにも感じます。

第2部「シナプソロジー」体験

シナプソロジー???という空気がリアクションが会場を一瞬包みましたが、臨床心理士であり、シナプソロジーのインストラクターでもある青山さんの個性的な自己紹介やマイクパフォーマンスに、参加者からの掛け声も入り場の雰囲気が和らぎました。

写真をご覧になっていただけるとわかると思いますが、これまでの定期セミナーとは参加人数が異なり、とてもたくさんの方が足を運んでくださいました。

中でもとてもうれしかったことが、昨年の春時期のセミナーへお見えになった以来、お顔をみることができなかったご近所の男性が、なんと参加者の中に。

「元気にしているのかな。」

「何かあったのかな。」

「期待はずれだったから、もう来ないのかな。」など、とても気がかりでした。

まさか約1年を過ぎて、セミナーに顔を出してくれるとは!