たくさんのキーワードをいただいて…。

今年度、桐生市社会福祉協議会様より、地域包括ケアシステム構築を目指す取り組みの1つとしての「地域サロン」活動を発展的に進めていきたいと考えており、私どもの取り組みとコラボすることで、これまでにない視点や活動を進めていく可能性に期待をしていただき、桐生社協主催「福祉の街づくりセミナー」の連続講座を開催することとなりました。

後援は、桐生市、地域見守りネットワーク・ぐんま(みま~も・ぐんま)

記念すべき第1回のセミナーには、みま~もの取り組みにも深く関わり、みま~も・ぐんまのアドバイザーとしてもお世話になっている東京都健康長寿医療センター研究所の野中久美子さんをお招きして、実際に地域サロン活動に取り組んでいる方や民生委員、専門職、企業などが出席する中、講演をいただきました。

関係者からも、参加者からもたくさん素敵な言葉をいただきました。

主催である桐生市社会福祉協議会では、地域サロン活動をより活発化させるための協賛企業の働きかけなどを積極的にはじめるなど、人口約12万人、高齢化率33%を超える桐生市の今後について課題をもって活動をされております。また、桐生市でも生活支援コーディネーターを桐生市社会福祉協議会との連携して配置するなど互いの協力も進行中とのことです。

今回のセミナーを通じて、「多世代」「みんなでやる」「地域活動に関心のない人へも影響をあたえる」などなどたくさんのキーワードをいただき、地域の様子に合わせ、活動の中にチリバメられたらいいなと感じました。